« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月29日 (土)

レオの回復、息子1歳2ヵ月

161006愛犬レオの体調はかなり回復し、散歩は概ね従来通りの距離をこなせるようになってきました。ただ、食欲はまだ完全には戻っておらず、おやつは食べるけどドッグフードには消極的です。動物病院で体重を測ったら14kgを再び切っていました。引き続き飲み薬をもらっています。

さて息子は1歳2カ月になりました。レオの散歩に一緒に連れていくときもベビーカーは使わず、腕で抱いていき、交通量が少ない足元の良い場所では下ろして、一緒に歩くようにしています。

積み木は当初箱に収めるのに興味を持っていましたが、今は本来の積み木を積むことも楽しんでやっています。絵本に貼ってあるくだものをベリッとはがすのは従来からやっていましたが、それを元の場所に再度貼りつけることも覚え始めています。絵本を閉じるときにはバイバイと手を振っています。

また最近卒乳もしました。離乳食を食べて満足した時には自分から「アァ!」と言い手を合わせています。足りない時にはごちそうさまをせず嘆きの表情になります(笑)。そして、歯磨きをした後にもなぜか笑顔で手を合わせます。これが親バカながらなかなかかわいい…。言葉そのものは「ダルマ」以降あまりでてきませんが、自分の意思表示はいろんなところでするようになってきているこの頃です。

161029

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月23日 (日)

待ち時間がすごい皮膚科

160927頭皮に湿疹ができて数ヶ月経っても治ってこないので、皮膚科へ行ってきました。

皮膚科は混むというイメージがあったのですが、朝の10時過ぎに行くと、順番待ちの人はそれほど多くなく、良かったと思って初診の問診票の記入を済ませました。

そこで言われたのが「3時間かかりますので午後1時ごろまた来てください」。一瞬耳を疑い、思わず聞き返してしまいましたよ。皆さん受付してから一旦外出していたんですね。

3時間の間に買い物や昼食を済ませて午後1時過ぎに行くと、まだ順番待ちが続いているらしい。待っている間、受付には、順番が回るまであとどれくらい時間がかかるのかと問い合わせの電話が次々かかってくるようでした。結局、1時間弱待って午後2時過ぎに診察。塗り薬をもらって帰りました。

いやあ、土曜日の午前中だけの診療のはずが、午後2時を過ぎてもまだまだ続いているとは、良い意味では大繁盛ですけど、皮膚科はお医者さんも大変だなあと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

焦げ付いたハンバーグ

160619仕事で評価している新ソフトの状態を例えると「焦げ付いたハンバーグ」。つまりこのまま”調理”し続けてもお客さんに出せることはありません。

「根っこに手を入れる必要がある状態」と認めているのにその状況でわずか1週間で完成させるスケジュールを開発内組織ぐるみで是認しているという状況。各部署は絵に描いたモチのスケジュールに従って出荷までの段取りを調整するというムダ工数を垂れ流し、販売サイドではもうすぐリリースされることを信じてひたすら手を受けて待っている。

あまりの馬鹿馬鹿しさに私は一社会人として見ていられない。ということで部門長にソフトをデモ動作して出来栄えを見せて、「とても話にならないレベルで近日中にリリースできるとは到底思えない」と納得してもらい、開発部長に説明してもらいスケジュール再考を促すこととなりました。結果、1ヵ月余りの延長スケジュールが提案されてきました。一部機能は作り直し、再設計となり、焦げ付いたハンバーグの焦げた部分を除去して焼き直しとなります。

しかし今度は他の重要ソフトと時期がバッティングしてしまい、評価が成り立ちません。どちらかのソフトのリリース延期について上長を通して訴えてもらいましたが、こちらの方は「納期通り出さないと売り上げが減少するのでお手上げでは済まされない」と事業経営層からは却下。このまま予定通りに両方のソフトが同時期に来たら、いよいよ泥船が沈没です。

この状況ではやっぱりスキルアップなど望めるべくもありません。開発プロセスが崩壊・炎上し、低品質な出来栄えのソフトに付き合う状態で、しかも評価工数もまともに確保できない状態で強行するようでは、評価技術の向上など全く値しません。焦げ付いているのはソフトの出来栄えだけでなく、事業の在り方にも広がってきているような気がします。

やっぱりちょっとこれは、ソフト評価業務を継続してキャリアを積む前提で考えず、他のキャリアシナリオを真剣に検討し、いくつか用意しておく必要があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月12日 (水)

はぴもと「みんなのえがお」に掲載されました

161012前々回の記事で掲載しました、息子が滑り台をよじ登ろうとする写真。市の子育て情報サイトはぴもと「みんなのえがお」に掲載されました。

さて愛犬レオの体調は少しずつ良くなってきているように感じます。病気前の状態まで回復できるかどうかは分かりません。でも、ある程度は歩けるようになってきましたし、食欲はあるとは言えないものの、手から食べさせてあげれば一応食べます。おやつであれば自分からパクッと食べることも。注射は先週で終了し、投薬治療を続けています。

そんなわけで、しばらくは息子の育児と、愛犬レオの介護で忙しい日々が続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 8日 (土)

レオの病気

160805我が家の愛犬レオが突然体調を崩し、嘔吐して眼球が回る症状が出ました。立ち歩くこともままならず、動物病院に連れて行って毎日注射を打ってもらっています。今日で発症5日目です。

今は目が回る症状は収まっていますが、以前のようには歩けていない状態ですし、食欲も回復していません。水は飲めていますが、体重が激減しており、心配しています。

左の写真は2年前のもので、後ろ姿がなすびみたいなずん胴です。しかし今は首回りが小さくなり、胴体は毛皮のだぶつきも目立ってきました。

14歳の高齢犬で衰えは致し方ないところですが、この病気を何とか乗り越えてほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 1日 (土)

息子1歳1ヵ月

160726息子は1歳1ヵ月。よちよち歩き真っ最中です。ハイハイの頻度も少なくなってきました。本当に成長が早いですね。寝て起きてまた成長しています。

最初は嫌がっていた靴も、今ではぐずることもなくなってきました。靴を履いてスーパーのおもちゃ売り場に行ったり、公園で遊んだりしているうちに、「靴を履くと楽しいことがある」とインプットされてきたのでしょう。

また最近は積み木で遊ぶことも多いです。もっとも積み木を積み上げるのではなく、箱にぴったり収めるパズルのような感覚で遊んでいます。円柱の積み木ははめ込む向きを選ばないので入れやすいですが、四角になるとちょっと難しくなります。はめ込むときに周りの積み木を崩してしまっても収まらなくなります。それをどのようにしてクリアできるのか見守っています。息子が興味を持っているテーマから徐々に始めていこうと思います。

161001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »