« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月30日 (月)

やりがいゼロのソフト評価(1)

161117先週の記事でISO9001内部監査員の研修の話をしましたが、2008年以降続けてきたソフト評価のキャリアは基本的にあきらめることとし、41歳でのコンバートをすることとしました。

昨年1月以降、ソフト評価業務を取り巻く環境は加速的に悪化しており、まだ底ではなく、地獄巡りしか残っていないと考えています。

いくつか要因がありますので、問題点を整理していきます。

まずは事業拡大によりソフト数が増える一方、ソフト評価者の増員が不十分で圧倒的な工数不足になり、評価の質を維持できなくなったこと、今後も評価の質を向上できる見込みがないことです。

すべてのソフト評価において不足しているわけではありませんが、事業の主力となるソフトを中心に、内部工数の不足は社内の他事業部からの応援工数を委託して補っているのが現状です。これは人数的には足りているように見えるかもしれませんが、実際は大変な問題です。応援工数で入られる方はソフト評価に関して専門知識を持っているわけではなく、チェックリストなどの段取りはすべて我々内部工数で用意しなければなりません。しかし、不足しているのは評価実行工数ではなく、十分な品質を確保するために必要な評価設計をする工数です。専門知識のない外部工数をいくらつぎ込んでも、この不足を補うことができません。結局、「間に合わせただけ」の粗雑なチェックリストを渡して評価をお願いせざるを得ず、これでは「ないよりまし」程度の応援にしかなりません。もちろん一生懸命やっていただいていますし、不具合もそれなりに検出されますが、十分な品質を確保するための評価には程遠いものになってしまいます。

本来なら、正社員の増強とまでいかなくとも、ソフト評価スキルを持った派遣社員を投入することが必須なのですが、いくらお願いしても実現しませんでした。これからもこの体制が続くでしょう。これは事業として、ソフト評価が製品にもたらす価値はこの程度とみられ、コストでありお荷物と思われていることの表れです。「どこの部署も工数は足りない」と言う人もいますが、開発部署では工数が足りないとなれば2つ返事でソフト専門の派遣社員やソフトスキルのある外部工数が充てられることを考えたら、それと比べてソフト評価が軽く見られ雑用レベルで補充可能と思われていることは明らかです。

この状況においては、評価スキルのアップは望めません。仮に評価スキルを自己研鑽でアップさせたとしても、それを実践する機会がありません。局所的には最善を尽くしてはいても、結局は、評価の質低下による見逃し、それに起因する市場品質問題や販社からのお叱りを、自ら首を差し出して待っている状態に陥るわけです。定年まで18年余り、これを続けるというのはモチベーションを保てません。

これは部内的要因ですが、外部要因の方がさらなる打撃でした。これは次回以降続きを書いていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月22日 (日)

原因と再発防止策

160723ISO9001の内部監査員研修を受けてきました。ISO9001の認証は、単に堅苦しい規格に適合するだけでなく、顧客満足が目的の一つとして挙げられ、リスク管理を含めて企業の継続的発展を狙ったものであることを知り、この業務を引き継ぐモチベーションが少し上がりました。それまでは遠かったISO9001の条文について理解が進んだことも良かったと思います。

通常の仕事の考え方としても気づきがありました。不適合の原因と再発防止策が妥当かを判断する演習。原因で「規定を読んだが不具合品の再検査を修理品にも適用するとは知らなかった」とあるのに対し、再発防止策は「規定を誤解のないように改訂する」というものでした。

一見して問題なさそうに思われ、この回答はOKと判断しました。しかし、再発防止として規定を改訂するということは、「規定の適用範囲があいまいなのが問題だった」のが原因であるはずです。原因と再発防止は対でなければならないという説明を聞き、ハッとしました。

原因と再発防止が結びつくという、ある意味当たり前のことですが、現実はあいまいなまま進められることが多い、いやむしろ全く無関係の”再発防止”で良しとすることが世間ではまかり通っていることの方が多いかもしれません。原因についてはなぜなぜ分析を繰り返す必要性も、この演習で示唆されていると思います。

こういうことは私自身、普段から人一倍留意していると思っていますが、まだまだ甘かったんだなと感じる機会を得た研修でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日)

体操の振り付け

170108Eテレ「いないいないばぁっ!」の体操「わーお!」の振り付けを覚えています。運動量はそれなりに多いので、本気を出して踊ったら息が結構はずみますね。息子をお風呂に入れているときに「わーお!」の一部を歌ったら反応して手を挙げていました。

「おかあさんといっしょ」「おとうさんといっしょ」も時々見ているのですが、こちらの体操は相当難易度高いですね。ちゃんと踊れる幼児はいるのでしょうか。特に「おとうさんといっしょ」の「あそびたいそう(だい2)」は大人でもかなりの練習が必要です。まあ、テレビに出ている幼児ぐらいにそれなりに踊れればよいのでしょうけど…。

さてこれらの番組を見ていると、息子は何か特定の映像で嫌がって泣き出すことがあります。天狗が出てきたら”恐怖の鼻”を怖がって泣くとか、ビニールプールに水を満たし、太った大人が浸かって水が溢れているのを見ると、その勢いに圧倒されて泣き出すとか。「怖いね~」と共感していますけど、いつかは”免疫”をつけなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイフォト「3月の花」更新

P1020420マイフォト「3月の花」に7枚追加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火)

年末年始12連休終了

16110512月26日、27日を残った年休消化として23日から今日まで12日間の年末年始 休暇でした。明日から仕事で気が重いのですが、とりあえずは出社して自然体で乗り切ります。

12日間はあっという間で、家族との時間を大事にしました。特に息子とはたくさん遊んだし、散歩に行ったし、お出かけもしたし、たくさんの本を何度も読みました。

散歩がてら公園に寄った時には、息子のほうから遊具に走って行って滑り台を繰り返し滑っていました。次はシーソーとか、いろいろと段取りが決まっているようで、嫁さんに何度も連れてきてもらっていることがよく分かりました。

そして最近はEテレ「いないいないばあっ!」に息子だけでなく私自身もハマってしまいまして、番組用の本を買いました。本は息子もすごく気に入っていて、他の絵本だったら私に読むように渡してくるんですが、この本は自分でページをめくって眺めています。私もオープニング曲を歌ってみたり、体操「わーお!」の振り付けを覚えようとしています。出てくるキャラクターや番組進行は嫁さんのほうがいろいろと詳しいみたいです。

さて、趣味のほうですが、最低限予定していた内容は進めました。ただやっぱり、子育てに手がかかる時期ですので、時間確保が難しくなっていますね。そんな中で、4年ぶりにPCを更新しましたし、昨日は近鉄沿線に半日だけ”鉄分補給”に行ってきました。2週間に1回の試作品リリースを基本的なペースとしながら、状況に応じ濃淡のある活動になっていくと思います。

年末年始の近況はざっとこんな感じです。今年もまた、いろいろと愚痴も含めて書いていくと思いますが、よろしければお付き合いのほどよろしくお願いします。

170103

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »