« AIと人間のすみ分け | トップページ | 息子、人生初病気 »

2017年8月 1日 (火)

「のびのび教室」に同伴しました

1707161歳8ヵ月検診で言葉が遅いことから、「のびのび教室」に通うことになりました。5回目の今日は私が夏休みで、嫁さんが健康診断と重なったため、私が息子を連れていくことに。

嫁さんから聞いていた通り、他のお友達と積極的には関わらない感じでした。これは親の性格に似ている部分でもあり、一方で発達段階からまだ仕方ない面もあるでしょう(友達と仲よく遊べるのは4歳くらいという話がある)。

今回行ってみて一番差を感じたのは「スピード感」です。「のびのび教室」は1時間ちょっとで終わるんですが、内容は盛りだくさんで目まぐるしく展開します。

今日は水遊びということで息子を着替えさせましたが、他の子は早いですねぇ。着替えにてこずったわけでもないのにあっという間に最後になってしまいました。「ゆっくりやってね。早くプール行きたくて仕方ない子もいるから」と保母さんにあたる方に言われましたけど、それだけじゃないなと。プールから上がってシャワーを浴びるのも最後、着替えて戻るのも最後。途中でお茶を飲む時間もあるのですが、息子がコップに口をつけてゆっくり傾けている間にもう次の時間です。帰りだけかろうじて最後から2番目でした。

いやあ、他の親子は全くよどみなく動いているとしか思えないです…。気にしても仕方ないのですが、一度気になりだすと「遅れないか」ばっかり考えてしまいました…。

「のびのび教室」って検診で何かが引っかかった子のうち保育園に通っていない子が行っている関係で、やはり男の子が多いです。言葉が遅い子が多いからでしょうか。とは言え、すごい子もいました。絵本の読み聞かせで例えば「自動車ブーブー」とか読んだ場合、その子は次々に繰り返し言えるんです。2語文を記憶して繰り返すって大人でもぼーっとしてたら難しいことですからねぇ。検診から3か月くらいたってますし、検診以降に目覚ましく成長している子どもさんもいるのでしょう。

まあ、言葉は何とも難しいですが、スピード感はちょっと意識してみたいですね。

|

« AIと人間のすみ分け | トップページ | 息子、人生初病気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149157/65609395

この記事へのトラックバック一覧です: 「のびのび教室」に同伴しました:

« AIと人間のすみ分け | トップページ | 息子、人生初病気 »